作業日誌

ブルーベリー栽培上、時期ごとの作業などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書続きです

読書続きです。
先日の強風、今朝の雨、施肥作業がはかどりません。

「レインツリーの国」(有川 浩)
ハンディキャップの女の子と、いろいろな行き違いを繰り返しながら、愛をはぐくんでいく

「空の中」(有川 浩)
200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?
おもしろいです。

また
有川 浩、に嵌ってしまいました。

けっこう、ベストセラーといわれる小説でも、当たりはずれがありますよね。
個人の興味にもよると思いますが、

有川 浩、当たりです。

以前、東野圭吾に嵌っていたときがありましたが、
スポンサーサイト
[ 2013/02/27 19:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

またまた「読書」

またまた「読書」

「永遠の0ゼロ」(百田 尚樹)
0ゼロとは、太平洋戦争中、世界にその名を轟かせた、海軍の零式戦闘機、「零戦」
この「零戦」に爆弾を積んで、敵の航空母艦や戦艦に飛行機もろとも体当たりする、「特攻」
この特攻隊員の物語です。
上官の命令は、絶対なんです。
太平洋戦争のことをあまり知らない私にとって、鮮烈な読後感です。
昨年12月、親戚のおじいちゃんが93歳で亡くなりました。
太平洋戦争で負傷した傷痍軍人でした。
また
思い出したことがあります。
私が小学生の時、東京から疎開してきていた男の子がいました。
冬でも半ズボンで、自分のことを「ボク」っていってました。
たしか、1年から4年までだったと思います。
この子のおねえちゃんが、子供の目にもきれいな人でした。
今の世なら、国民的美少女的な、
[ 2013/02/24 13:16 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

また「読書」

また「読書」

午前中、益子、コーヒーカップ1セット購入
帰り、TSUTAYAで本2冊購入、

「フリーター家を買う」(有川 浩)
また、有川、を
「心意気」・・・を感じた
これも、午後、一気に読みました。

[ 2013/02/15 19:53 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

読書

「読書」

ブルーベリーの剪定も終わり、少し、気持ちのゆとりがでてきました。
気分転換も込めて、本を読みました。

「和菓子のアン」(坂木 司)
和菓子の「うんちく」を深めるのにはいいかもしれません。

「三匹のおっさん」(有川 浩)
還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。

おもしろいです。
一気に読みました。

私はといえば、仕事が趣味か、趣味が仕事か、・・・の毎日、
もっと、目を外に向けてみようかとも・・・
[ 2013/02/14 19:06 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)



1月の成人の日の雪と同じくらい積もりました。
でも、降ったあとの気温が高かったせいか
融けるのが早かったです。
(写真は、本日11時頃)
IMG_1985.jpg
[ 2013/02/07 19:23 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

読書

「読書」

「図書館戦争」(有川 浩)

なに?
このタイトル・・・
こんなこと、ありえない・・・
と思いつつ、読み進むうちに、
「アリカワワールド」に引き込まれて・・・

以前読んだ、「植物図鑑」と同じ作家、
[ 2013/02/07 19:01 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

明日は、立春

明日は、立春

ここ数日、暖かいですね。
外での作業(剪定)、気持ちよくできます。
ほぼ、完了です。
あとは、見直しをします。
今月20頃から、施肥作業を行う予定です。

(読書)
「ストロベリー・フィールズ」(小池真理子)
主人公は、クリニックを持つ45歳の女医月川夏子。家族は出版社社長で10歳年上の月川智之と、智之と前妻の間にできたりえ。この3人を中心に物語が展開する。
この夫婦は、俗にいう仮面夫婦・・・
[ 2013/02/03 19:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。